読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JK・みかんの日記~病気と一緒に歩む日々~

いくつかの病気と一緒に歩む日々。夢に向かって進んでいきたいです。

IgA血管炎の話 その4

こんばんは。みかんです(^^)

 

今日は第9回。入院生活の話①をしたいと思います。

 

紫斑は、相変わらずしっかり出続けていました。(というか、私の場合は紫斑自体は今も出続けているのですが。)足をみれば、赤紫色の斑点がいっぱいで、見ては落ち込み…見ないようにしていました。

最初の一週間は、ベッド安静。部屋の中にあったトイレに行くとき以外は、ずっとベッドの上にいなければいけません。

立っているときの重力や、歩くときの衝撃などでも、身体の負担になってしまい、紫斑が増えてしまうからです。

もちろん、病室からも出られず、ベッドの上で、やることも無くて、私の場合は幸い、痛みなどが無かったので、ただただ退屈でした。読書したり、ぼーっとしたりしてました。怠かったのもありましたが。

また、靴下の口ゴムの圧迫でも、そこに紫斑が増えてきたり、浮腫んだりしてしまうので、入院中に靴下の口ゴムは切るように言われて切りました。

夜、眠れなかったときに、看護師さんがお話ししながら、ついていてくれたのを覚えています。安心できました。看護師さん、素敵だなぁと思いました(^^)

検査は尿検査や、便潜血検査をしました。

腎炎になっていないか、消化管の中で出血していないかを調べるためです。蓄尿は、ちょっと大変でした。

薬は、サワシリン抗生物質)と「ヨシダ」(酸化マグネシウム)を飲んでいたのは覚えています。(あの頃はまだドライシロップだった…!)

そして、前に記事に書いたように、運動が出来ない、バレエが出来ない、話をされて…。゜(゜´Д`゜)゜。

こうして、1週間が過ぎました。

 

読んでくださってありがとうございます。

ぽちっとしてくださると嬉しいです(^^)