みかんの日記~病気と一緒に。夢に向かって。~

いくつかの病気と一緒に歩む日々。夢に向かって進んでいきたいです。

IgA血管炎の話 その8(小4①)

こんばんは。みかんです(^^)

 

久しぶりになりましたが、「IgA血管炎の話 その8」です!

今回からは小4の頃の話をしたいと思います。

 

4月…担任が替わりました…!若い女の先生で、理解してくださる良い先生でした(^^)

 

紫斑の経過は、相変わらず毎日出続けました。運動制限も相変わらず、水泳以外の体育は禁止です。

特に、この年は、かなり出ていたように思います。足の甲を見ると、水玉模様に見える感じでした(; ̄O ̄)

毎日必ず出ていたのは、足の甲、足首周辺、ふくらはぎ…。

たまに膝周り。

のような感じでした。

 

また、この年は主治医を驚かせたような、紫斑のエピソードもありました…(^◇^;)

はっきり覚えている2つを紹介。

①「ほおづえ事件」

ある日、ほおづえを付いていたら…

顎に紫斑が出来ました…(゜∀゜;ノ)ノ

②「頬にレース柄事件」

レース状になっているデザインのカーディガンを着ていたときに、うっかり机の上に突っ伏して寝てしまい…

はい。

頬にレース柄のように紫斑が出ました…(°□°;)(´Д` )

 

このように、重力の負荷がかかってしまったところに、どんどん紫斑が出てしまっていました。

この話は、当時の主治医の先生にも、いまだに覚えられています笑

(この当時の主治医の先生は、入院時からの先生です(^^)産休で、小5の時に、主治医が代わった(今の主治医。診断時の先生です(^^))のですが、小児科外来の採血室で再会して、お話した時に、その話が出てきて、びっくりしました!)

 

この時、日常生活では歩いていましたが、1時間程度歩くと、確実に紫斑が増えてしまったり、時には少し関節痛が出てきてしまう状態で、あまり負担がかけられなかったので、ショッピングモールや、観光で訪れた大きな公園など、多く歩かなければいけない場所に外出するときは、そこで車椅子を貸して頂いていました。

ショッピングモールって、広すぎて、長い間歩けないと、目的の買い物が出来ないのです…(´;ω;`)

車椅子を使っていると楽でしたが、やっぱり自分の足で歩きたい!と思っていました。

でも、今考えると、限られた時間でしたが、車椅子から見た視点とかを知ることが出来たと思います。かなり、視線が低くなるので(子供だったのもありますが…)、お店の机ほどの高さの棚などが、とても高く、見づらく感じました。

今は、かなり歩けるようになったので、(体調は見ながらですが)、友達とショッピングに行ったりすることもあります(^^)友達と一緒に、自分での足で歩いていると、すごく幸せを感じます。

 

こんな感じの話が、2011年の前半です。

次回に続きます…!(いつ書くか分からないですが、書きます!)

 

(つぶやき)

今週火曜日は、先月延期になった、大学病院ですー!行ってきます(^^)

読んで下さり、ありがとうございました!!

ポチッとして下さると嬉しいです(^^)

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村