みかんの日記~病気と一緒に。夢に向かって。~

いくつかの病気と一緒に歩む日々。夢に向かって進んでいきたいです。

手関節と膝関節をはめることから始まる私の朝

お題「起きて最初にすること」

こんばんは。みかんです。

なんと今週で、10000アクセス超えました!!

読んでくださる皆様、いつも本当にありがとうございます!!

 

さて、今日は…

月曜日からテスト~!←

ということで、今日は塾の自習室にこもっておりました笑

8時間やったらブログ書くって決めて(←甘いぞ、自分に甘い)達成したので書きます。

 

今週は大学病院の通院(エーラスダンロス症候群関節型疑いの経過観察)があったこと、今週の体育の授業のことなど、割と関節がやわらかいことを意識する週だった?ところ、お題スロットで「起きて最初にすること」のお題を見つけたので、そこから行ってみますね。

 

私が朝起きて最初にすることは…

「手首の関節と膝関節をはめること」です。

 

???と思われると思うので説明してみると、私は関節がやわらかい(ゆるい)ので、普通にしていてもずれてきてしまうんですね。脱臼まではいきませんが、ずれるような感じです。うまく例えられませんが、その関節から先が、自分から少し離れてしまったような、そんな感じです。

 

特に寝起きは、手首の関節と膝の関節がよくずれています(^_^;)

このまま過ごすと、痛みや違和感があり、動かしにくいので、自分でずれた関節を戻しています!

 

というと「え…?!自分で…?!」などと思われそうですが、私にとってはこれが普通なんです。

確かに疑い診断がついたのは、昨年の冬ですが、この体質自体は生まれ持ったもので、小さい時から色んな関節がよくずれていたので、気づけば自分で直せるようになっていました。逆に、これが普通だと思っていました。

 

それでも、うまく関節のずれが直せない日もあります。

そんな時は、そのまま耐えて、時間をおいて再チャレンジ。

だいたい、どこかで直せます。

 

これって、人生も一緒なのかな。

うまくいかない日も沢山ある。でも、そこをじーっと乗り越えて、チャレンジして。そうしたら、どこかで、うまくいくんじゃないかな。なんて考えてみたり。

 

こんな風に、起きたてを過ごしております。

 

この身体も私の身体。

大学病院の主治医も毎回言っていますが、「うまく付き合っていく」しかないんです。

根治はできません。

だから、私は他にも色々ありますが、この身体とうまく付き合っていきます。

 

さて、今週の体育の授業で、「この身体で良かった」なんて思うことがありました(^^)

今週から体育で「新体操」をやりはじめたのです!

IgA血管炎で運動制限かかる前は、バレエやっていたので、なんとなく、ちょっと「新体操」楽しみにしていました!

まだリボンとフラフープの扱いを少しやっただけですが、とても楽しくて…!!

しかも、関節可動域が広いからか?、初めて触りましたが、割とうまく(←自画自賛(^_^;))リボン扱えて。

「良かったかも!」と思いました笑

そして、「今、運動制限外れてて良かった…」と心から思いました。

まだしばらく新体操続くみたいですが、その間には、昨年、一時的に再びIgA血管炎の運動制限がかかった時期がやってくるのです…(^_^;)(再燃疑惑騒動)去年は風邪からやらかしたので、「新体操」のためにも←、感染に気を付けようと思います!!

ただ、終わった後は関節過可動のせいで、多少()関節が痛い…(^_^;)

このくらいだったらやるけど~。((もちろん無理は禁物ですが!

 

さて、月曜日からテスト頑張ってきます!!

中間テストは思わしくなかった教科も多々あったので、挽回していきたいです!

 

読んでくださりありがとうございました。

ぽちっとしてくださると嬉しいです!

 

 


にほんブログ村

 

 


にほんブログ村