みかんの日記~病気と一緒に。夢に向かって。~

いくつかの病気と一緒に歩む日々。夢に向かって進んでいきたいです。

私流エピペン持ち歩きバッグ〜私、エピペン所持者になりました〜

こんばんは。みかんです(^^)

今日はエピペンというお薬に関してお話をしようと思います。

「エピペン」という薬をご存じですか? どこかで聞いたことがあるかも知れませんし、聞いたことがないかも知れません。

まず、エピペンのガイドのリンクを貼っておきます。 http://www.epipen.jp/download/manual.pdf

必要なところを要約すると 「エピペン」は全身に短時間に現れる激しいアレルギー症状である「アナフィラキシー」が起きた時に使用する、自己注射の薬です。(アドレナリン自己注射薬 ) 「アナフィラキシー」は症状が進行すると「アナフィラキシーショック」という命に関わるショック状態になることがあります。 「アナフィラキシー」の状態になった時に、「進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療薬」がエピペンです。(リンクより)

あくまでも緊急時の補助治療薬であるため、「エピペン」治療後は受診し、医師の診察を受けなければなりません。

アナフィラキシー」はいつ起こるか分からず、また急激に症状が進むため、「エピペン」を処方された人はいつも持ち歩いている必要があります。

年が明け、アレルギー専門医の主治医の受診で12月の誤食のことについて相談したところ、私も「エピペン」を持つことになりました。(誤食について詳しくは誤食事件→食物アレルギーで救急外来へ… - みかんの日記~病気と一緒に。夢に向かって。~ (補足)この記事では原因が詳細は不明になっていますが、主治医の指示で原因となった食物を明らかにするために某喫茶店に問い合わせたところ、マヨネーズが原因であったことがはっきりしました。卵の表記がパン(治療の成果で食べられるようになった)ではなく、マヨネーズなども有り得ることを再確認し、マヨネーズがが入っているか、個別に聞くことを主治医と約束しました。)

前述したように「エピペン」はどこに行くにも持ち歩かなければならない、緊急時用の薬であり、またエピペンは熱に弱いので夏場は気をつけなければいけません。 そこで、何点か工夫して、私流の『エピペン持ち歩き用バッグ』を作ったので紹介します。

まずは画像。 外から見るとこんなかんじです。

Let's open!

ここから少し中身と意図を紹介します!

☆エピペン☆

これが一番大事!!!箱には緊急時用の情報や、使い方の紙が入っています。エピペンにはトレーナーといって、針と薬液なしで自己注射の練習が出来るものがあるので自分では練習していますが、このセットにはトレーナーは入れていません。万が一本体とトレーナーを緊急時に間違えてしまうと困るので…。(学校等では本人が打てない(体調が悪化等)場合に先生が打つことが認められています。

☆外のケース☆

外のケースは雑貨屋さんで売っていた、「保冷機能付きペットボトルホルダー」です。夏場に保冷できるように、またサイズも考えて、これがぴったりでした!

☆筆談用メモと名前ペン☆

私は呼吸器にアレルギー症状が出ることが多いので、緊急時に話すことができない可能性があります。そのため、筆談用メモを用意しました。またエピペンを打たなければいけない症状の時には(実は前回以外にも過去に何回かエピペンを使う対象の症状になった経験があります。)手に力が入らないこともあるので、筆圧を気にしなくていいように、名前ペンを用意しました。

☆ヘルプマーク☆

ヘルプマークとは「義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマーク」(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html )です。現在、全国17の自治体で配布されていて、今後も拡大されていく予定です。 ヘルプマークの裏にはメモを書くことができます。

「エピペン」はその人がエピペン所持者であれば救命救急士の方が打つことができます。(http://www.fdma.go.jp/pdf/2009/0817/02_houkokusyo.pdf (総務省消防庁)11ページ)万が一の場合に、救命救急士の方にエピペン所持者であることを伝えられるように書きました。

アレルギー症状は時に命に関わります。緊急時が無いのが一番ですが、緊急時のためにしっかりと備え、自分の命を守りたいと思います。

読んで下さりありがとうございます。 ポチッとしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村